このまんまで良かったんじゃん。

スピ好き。おもろいもん好き。枠のはずれた世界を目指す、カメの歩み🐢

馬場さん。

 

こんちは!ゆかっぺです。(^^ゞ

 

私はわりと昔から、人にあだ名を付けるのが得意というか、私が何気に言った一言が、その人のあだ名になってしまうことが良くある。

 

高校生の頃も、同級生のヤンキー(死語?)の男の子の事を「あ~、あのレレレのおじさんに似た人!」と言ったら、私の知らない間にそのヤンキーのあだ名が「レレレのおじさん」になってしまっていた。

ある日、隣のクラスの子が「レレレのおじさんだ!」と言っているのを聞いて、「え?」と思った私は、その子に「レレレのおじさん?」と聞き返したら「そうだよ!あの人、レレレのおじさんっていうんだよ。知らないの?」と言われた。

「知らないも何も、私が名前付けたはずなんだけどなぁ」なんて著作権を侵害されたような(大げさ!)、でも、私から発信したものが、こんなに広がって定着しているなんて、ちょっと嬉しい感じも。😊

 

そんな感じで、今まで私と仲良くなった友達なんかも、私にあだ名を付けられ、けっこう被害を被ったと思う。😅


f:id:yukappesan:20210521123915j:image
   

    ε=ε=ε=~~ε( ・д・)3゛

 

私は20代の頃、仕事を辞めて職業訓練校に通っていた時期がある。

その時、同じクラスに浜崎さんという2つ上の女性がいた。

浜崎さんは、彼氏の前でも平気でおならをするおちゃめな人で、たま~に一緒に遊んだりもしていた。

 

ある時、そのクラスの友達4人ぐらいで話をしていたら、その中のひとりが「浜崎さん、結婚するらしいよ」と言った。

そして、もうひとりの子が「(浜崎さん)何ていう名前になるんだろうね?」と言うので、

私はテキトーに

「あぁ~、馬場さんでしょ。」

と言った。

 

そしたらみんな「そうだ!そうだ!馬場さんだ!」と言って、その日から浜崎さんのあだ名は「馬場さん」になってしまった。


f:id:yukappesan:20210520171233j:image

浜崎さんは、クラスのみんなから普通に「馬場さん」と呼ばれるようになり、本人も最初、笑いながらも普通にそれを受け入れていったので、もう馬場さんは、馬場さんそのものになっていった。

もう生粋のというのか、生まれつきのというのか、馬場さんは、馬場さん以外あり得ない馬場さんぶりだった。

 

そして、職業訓練校卒業間近、先生と、これからの進路についてなどを話し合う、面談みたいなものがあった。

 

 

馬場さんは、先生との面談が終わった後、

「もぉ~‼️💨」🐄

と、半分笑って半分怒ったような感じで、私のところへやって来た。

 

なんでも馬場さんは、面談時、先生から書類を渡され、

「この名前の欄には、新しい名前で馬~場と書いて下さいね」

と言われたそうだ。

先生まで、馬場さんを馬場さんだと思っていたようだ。

 

私は大笑いして、

「すまねぇ、馬場さん。これからも馬場さんとして生きてくれ」

と言った。

 

もうそこまで馬場さんになってしまったのならしょうがない。🤷‍♀️

 

 

職業訓練校卒業間近、私は馬場さんを見ながら、どうか結婚後のマイホームの玄関には、立派な「馬場」と書いてある表札を掲げてほしいなと思った。

 

結局、私は馬場さんが、結婚後どんな名字に変わったのか未だに知らないのである。

 

       (๑¯ω¯๑)