このまんまで良かったんじゃん。

スピ好き。おもろいもん好き。枠のはずれた世界を目指す、カメの歩み🐢

物置きの家🏚️

 

こんちは!ゆかっぺです。(^^ゞ

 

今日は、今は亡き姑についてと、現在の我が家事情を…。😅

 

 

5月に姑が亡くなった。

姑は生前、とても物を大切にする人だった。

 

そして姑は、

物を大切にする = もったいない = 物を捨てられない = 家には物が溢れかえる

という方式の、もったいない精神が強固の方だった。

 

なので、旦那の実家は いつ行っても、恐ろしいぐらい 物が溜め込まれ 溢れかえっている。🈵

 

私が旦那と結婚した当初は 舅も健在で、まぁ、このぐらいの年代の方は 物を大事にする方も多いだろうから、仕方ないのかなと思ってもいたけど、舅が亡くなって、姑1人になってからも、いっこうに物が減る気配がなかった。

 

どの部屋も、かなり年季の入った家具に囲まれ 家具の中も 押し入れの中も たくさんの物が押し込まれている様子。

入りきらない物は、外にも山積みにして置いてある。

階段のはじっこには、一段一段 物が積まれてるし、台所には食べ終わったヨーグルトの容器や使用済みの割り箸なども、丁寧に洗って取ってあった。

 

姑には失礼だが、私は 姑の家に行く度に、

「この家にある物の8割は、ゴミとして捨てても全然問題なさそうだなぁ」

と思っていた。


f:id:yukappesan:20210828091600j:image

そして、姑の家の事は 他人の家の事だからと割り切れもするが、旦那も 姑のDNAをしっかりと引き継いでいる。

とにかく物を捨てない。

おまけに、心配症、きっちりしている、という性格も災いして、さらに物が多くなる。

 

料理を作るとなれば、料理のレシピに、卵 Mサイズ〇個とあれば、家にLサイズの卵が1パックあろうとも、新たにMサイズの卵を1パック買ってくる。

牛乳〇㏄とあれば、冷蔵庫に豆乳があっても、牛乳を買う。

掃除するとなれば、窓用、風呂場用、キッチン用など、それぞれの用途にあった掃除道具、洗剤など、たくさん買い込む。

何かで代用するということをしないので、結局ほとんど使いもしないようなものが、増えていくのだ。

 

 

おまけに心配症な故、いつも最悪の事態を考え それに備えて 適量を越えた盛り沢山の物を買い込む。

 

うちに送られた郵便物を捨てる時も、誰か悪い奴らの手に渡り 何かあったらと、そんなもの必要ないだろうと思われる シュレッダーは、今や3台もある!

手動、電動、実家から持ち帰った 使わないけど 壊れてないから捨てないシュレッダーの3台。

うちは、シュレッダーを必要とするほど、たくさんの郵便物は送られてこないし、そもそも、うちの平凡家庭の郵便物を、誰が盗んで悪用しようと思うのか?

んなもん、ハサミ1本あれば十分じゃないか!

こんな具合に旦那の性格が災いして、どんどん物が増えていく。⤴️⤴️⤴️

 

 

私は必要ないものは、どんどん捨ててスッキリさせたい人なので、捨てたいものが捨てられないのが、物がごちゃごちゃしているのが、とてもストレスなのだ。😩


f:id:yukappesan:20210828091828j:image

 

今では旦那の物プラス、子供のレゴやフィギュアなど、私の思いに反して物が増えていく。

「これ もう捨てようよぉ」と言っても、決してそれを良しとはしてくれない。🙅

 

もうこれ以上は限界だ!と思っていたところに、姑が亡くなり、姑の家は借家なので、引き払わなくてはならなくなった。

引き払うのには、姑の家にある あの溢れかえった たくさんの物という物を片付けなければならない。

 

そして、旦那に「片付けが間に合わないから、しばらく間、うちに置かせてくれ」と言われた。

それなら仕方ない、しばらくの間ならと思って承諾した事だったけど、それでも、ある程度の物は処理してから持ってくるのだと思っていた。

しかし、その思いに反して、物が捨てられない姑の家の物が、1つも処理される事なく、物が捨てられない旦那の手によって、我が家に運びこまれた。

 

もう我が家は物置きだ!ゴミ屋敷だ!

どの部屋も姑の所有物でごちゃごちゃだ!💦

いつになったら、我が家は 物置きではなく、家として機能できる日が来るのだろうか…?💧

 

 

そして、この話は長くなるので続きは次回!💁